一般的なクッキーよりもプリントが出やすい形成ですが、それでも紙にプリントするようには再現できません。
以下のサンプルを参考に、小さな文字や細い文字の使用は控えてください。

画像をクリックすると拡大画像が見れます。

明朝体はとくに横線が細いですので出にくいです。
最低ポイントは11ポイントあたりになります。

画像をクリックすると拡大画像が見れます。

見出ミンになると視認性があがります。
最低ポイントは10ポイントぐらいで。

画像をクリックすると拡大画像が見れます。

極太明はしっかりと視認できます。
最低ポイントは8ポイントぐらいです。

画像をクリックすると拡大画像が見れます。

ゴシック体は縦横の線幅がほぼ均等なので視認性が良いです。
最低ポイントは9ポイントぐらいです。

画像をクリックすると拡大画像が見れます。

見出ゴはかなり視認性が良いです。
最低ポイントは8ポイントぐらいです。

画像をクリックすると拡大画像が見れます。

極太ゴシックは文字の太さはしっかりとしますが、逆に細い隙間がつぶれてきます。
最低ポイントは8ポイントぐらいです。ひらがなに限って7ポイントでも見えます。

画像をクリックすると拡大画像が見れます。

黄茶色のクッキーにプリントされますので、白の部分はクッキーの地色になります。

青の部分は、青にクッキーの地色が重なり、緑っぽくなります。

また、光の色特有のRGBカラー(蛍光色のようなピンク、水色、緑などは全体に暗くなります。

Illustrator、Photoshopなどをお使いの方はCMYKカラーで作成すると仕上がりに近い状態になります。

画像をクリックすると拡大画像が見れます。

輪郭線がくっきりとしたイラストの再現性は高いです。

画像をクリックすると拡大画像が見れます。